企業看護師のメリット

企業看護師のメリット

企業のなかには、看護師を置いているところも多くなっています。
企業に看護師が必要とされる理由はさまざまです。
例えば会社の業務による健康障害を回避するため、また社員の健康維持のためなどになります。
このように企業で働く看護師も多くなってきましたが、企業看護師のメリットはあるのでしょうか。

 

まず夜勤がないことがあげられます。
病院勤務の看護師であれば24時間体制ということもあり、夜勤は避けてとおれないものになっています。
しかし企業看護師には夜勤がありません。
企業看護師を置いている会社は労務管理もしっかりしていますので、残業する場合でも手当が支給されます。
病院看護師は不規則な勤務が多いのですが、企業看護師は勤務体系も明確に決まっています。

 

また福利厚生が充実していることも大きなメリットになります。
企業看護師を置く企業は比較的規模の大きなところが多いので、社員の福利厚生も充実していることが多くなっています。
企業看護師も社員になりますので、他の社員と同じようになっています。
産休や育休、また会社のなかに託児所を設置しているところもありますので安心して仕事ができます。

 

さらに人間関係も広くなり、さまざまな見識もついてきます。
病院看護師であればその周囲は医療関係者が多くなってきますが、企業看護師であれば他の職種の人とも知り合えます。
そのため人間関係も大きくなり、自然と見識もついてきます。
このようにさまざまなメリットがあります。