企業看護師のデメリット

企業看護師のデメリット

企業看護師として活躍している人も増えていますが、企業看護師のデメリットはあるのでしょうか。
病院勤務の看護師と比べて勤務体系も明確になっているなどメリットも多くなっていますが、デメリットも存在しています。

 

まず給料の面です。
病院勤務と違い夜勤などもありませんので、給料も低くなります。
勤務している企業によって違ってきますが、企業看護師は一般企業の社員として扱われますので給料もまちまちです。
当然残業があれば手当も支給されます。
しかしたとえ大手企業であっても、病院勤務の看護師と比べて給料は低くなります。

 

そして看護スキルが磨けないということも、デメリットの一つとしてあげられます。
毎日行う仕事は医療行為というよりも、従業員の健康診断、健康相談が中心になります。
そのため実践的な看護スキルも落ちてきます。
また企業によっては看護師が一人だけということもありますので、相談したり学んだりする人がいないケースもあります。
さらに最新の医療情報からも遠ざかりますので、さまざまな知識が不足することもあります。

 

そしてセクハラやパワハラも増えてきます。
病院看護師であれば患者の入れ替わりがありますが、企業看護師であれば従業員が対象になります。
人事異動の季節でないと入れ替わりもあまりありませんので、自然とセクハラやパワハラも増えてきます。
もちろん勤務する企業によって変わってきますが、実際に仕事をするときは注意したいところです。