治験関連 企業看護師 仕事内容

治験関連の企業看護師の仕事内容

企業看護師として働く人も増えていますが、働く企業によって仕事内容も変わってきます。
企業看護師のなかには、治験関連の企業看護師として仕事をしている人もいます。
治験関連の企業看護師として仕事をしている人は、毎日どのような仕事をしているのでしょうか。

 

治験というのは医師と製薬会社、そして被験者によって成り立っている業務になります。
治験が安全また円滑に行われるためには、これら三者をうまく調整することが求められます。
治験関連の企業看護師は、これら三者を調整する役割を担っています。
治験がスムーズら行われるための、治験コーディネーターとして仕事をしています。

 

看護師はまず被験者のスクリーニングをおこないます。
治験実施計画書によって被験者が見つかると、被験者に対して今回の治験の目的、治験方法、そして予測される効果や副作用などについて説明します。
治験というのはどういうことが起こるかわかりません。そのため、不安を抱えている被験者も多いのです。
そういう被験者が抱えている不安を解消するために、スクーリングや相談業務をおこなっています。

 

また被験者のフォローもおこないます。
被験者に服薬や検査スケジュールを守ってもらうよう、被験者フォローをおこないます。
内容ですが治験についてのスケジュール表の作成、服薬日誌の作成、患者の状態を記録したり、必要に応じて面談などをしたりします。
このようにして、被験者をさまざまな面からサポートしています。