企業内医務室 仕事内容

企業内医務室の仕事内容

企業内に看護師が常勤していると、何か緊急事態が発生したときとても心強くなります。
企業看護師ですが、通常は企業内医務室で仕事をすることになります。
しかし、実際の仕事内容はどうなっているのでしょうか。

 

企業内で働く看護師の大きな役割が、社員の健康管理になります。
企業内医務室では社員の健康状態のチェックと管理、また病気を早期に発見して治療することが目的になっています。
そのため医務室では保健指導や、従業員の健康管理をおこなっています。
定期的に実施される従業員の健康診断の結果により、受信者にさまざまなアドバイスをすることも多くなっています。
このように企業内医務室では、今後の健康支援の手助けになれるよう適切な保健指導をおこなっています。

 

また定期的に集団教育も実施しています。
安心して仕事ができるよう、従業員に対して正しい知識を教授していきます。
高熱作業や化学物質の使い方、また飲酒と運転などの教育など、時間を割いて集団教育を実施して従業員の安全に努めています。

 

そしてその他にも、緊急時の応急処置などもおこなっています。
企業では熱中症で倒れたり、また化学物質などを吸引したりなとどの緊急事態も発生します。
そういう事態の応急処置もおこないます。
そのため企業にどのように危険性があるか、巡回などによっていつも把握しておく必要があります。
このように企業内医務室に勤務する看護師は、毎非従業員の健康管理に努めています。