企業看護師 スキルアップ

企業看護師でもスキルアップできる?

企業看護師は病院勤務の看護師と違い、企業のなかで仕事をすることになります。
そのため、実際におこなう仕事も変わってきます。
企業看護師は、従業員の健康相談や健康診断などが主な業務になります。
特に企業によっては、毎日、また定期的に健康相談などをおこなっているところもあります。
そのため、カウンセラーとしての資質が身についてきます。
多くの人たちと接することで、さまざまにアドバイスをおこないます。
カウンセラーとしての資質が身につけば、カウンセラー関連の資格取得も可能になります。

 

また企業看護師になれば、パソコンスキルも身につきます。
企業看護師は、従業員の健康管理情報をパソコンで管理することもあります。
そのため必須スキルとなっているパソコン利用を、採用条件としている企業もなかにはあります。
またそのなかには、パソコンに関してのさまざまな資格を条件にしているところもあります。
そのため実際に仕事をしているうちに、さらにスキルがアップしてくることもあるのです。
仕事をしているうちに、WordやExcel操作もさらに向上してきます。

 

また責任感や思考力、そして行動力もついてきます。
企業内に在籍している看護師は、通常はひとり、あるいは少数体制になっています。
企業内では従業員の健康を預かることになりますので、責任感も自然と増してきます。
毎日仕事をしていると自然と行動力や責任感がつき、どのような事態が生じても対応できるようになります。
現在の従業員の状態を常に把握し、何かあれば素早い対応も可能になります。